ゆずの葉ゆれて

Cast

松原 智恵子(まつばら ちえこ)

松原 智恵子(まつばら ちえこ)  ——— バアちゃん

1945年1月6日、愛知県名古屋市出身。
60年、高校在学中に日活主催のミス16歳コンテストに入賞したことをきっかけに芸能界デビュー。翌61年、日活映画『明日に向かって突っ走れ』(古川卓巳監督)でのヒロインデビューを皮切りに、同社専属女優として、『北上夜曲』(61/中島義次監督)、『夕笛』(67/西河克己監督)等のアクションや青春作品でヒロインを演じる。吉永小百合、和泉雅子と共に「日活三人娘」とも呼ばれ、67年のブロマイド売り上げでは、吉永、和泉、藤 純子(現:富司純子)、酒井和歌子、内藤洋子ら人気女優を抑えて、女優部門のトップとなった。以降も、都会派の可憐な清純派スターとして絶大な人気を誇り、日本映画の黄金時代を支えた。71年、日活の一般映画制作中断を機に、活躍の場をテレビに広げ、「ある日わたしは」(68/NTV)、「時間ですよ」(70/TBS)、NHK大河ドラマ「国取り物語」(73)をはじめ、幅広い役柄でお茶の間での人気を得る。74年には、森光子主演舞台「放浪記」で舞台にも立つ。近年では、『小川の辺』(11/篠原哲雄監督)、『トテチータ・チキチータ』(12/古勝敦監督/第22回日本映画批評家大賞・助演女優賞受賞)、『鏡の中の笑顔たち』(15/喜多一郎監督)、『ぼくが命をいただいた3日間』(16/工藤里紗監督)等。17年には『僕らのごはんは明日で待ってる』(市井昌秀監督)が公開予定。


津川 雅彦(つがわ まさひこ)

津川 雅彦(つがわ まさひこ)  ——— ジイちゃん

1940年1月2日、京都府出身。
父に沢村国太郎、母にマキノ智子、兄に長門裕之という、芸能一家に育ち、幼い頃より子役として映画に出演。56年、日活映画『狂った果実』(中平康監督)で、本格的な俳優デビューを果たす。二枚目から悪役まで幅広い役柄をこなし、『ひとひらの雪』(85/根岸吉太郎監督)、『マルサの女』(87/伊丹十三監督)、『墨東綺譚』(92/新藤兼人監督)、『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(94/深作欣二監督)、『プライド・運命の瞬間』(98/伊藤俊也監督)、『一枚のハガキ』(11/新藤兼人監督)、『救いたい』(14/神山征二郎監督)等、日本を代表する映画監督から厚い信頼を寄せられる一方、ヒットドラマの映画化『交渉人 THE MOVIE』(10/松田秀知監督)や『0.5ミリ』(14/安藤桃子監督)といった、気鋭の若手監督作品にも精力的に取り組んでいる。また、劇場版アニメ『バケモノの子』(15/細田 守監督)、『リトルプリンス 星の王子さまと私』(15/マーク・オズボーン監督)等の声優も務めている。今後、『後妻業の女』(16/鶴橋康夫監督)の公開が控える。近年は、叔父にあたる映画監督のマキノ雅弘にちなんで、マキノ雅彦名義で映画監督としても活躍。監督作に、『寝ずの番』(06)、『次郎長三国志』(08)、『旭山動物園物語』(09)がある。


西村 和彦(にしむら かずひこ)

西村 和彦(にしむら かずひこ)  ——— 武の父

1966年8月21日、京都府出身。
88年NHKドラマ「翼をください」で本格デビュー。その後、初の連続ドラマとなる「超獣戦隊ライブマン」(88/テレビ朝日)での好演をきっかけに、「スクール・ウォーズ2」(90/TBS)、「ヴァンサンカン・結婚」(91/CX)などの作品に出演。「同窓会」(93/NTV)では、同性愛者を演じたハードなシーンが話題となった。以降も、多くの映画、ドラマで活躍。主な出演作は、映画『極道の妻たち 最後の戦い』(90)、『南の島に雪が降る』(95)、『四日間の奇蹟』(05)、『陰獣』(08・フランス映画)、『20世紀少年 第2章最後の希望』(09)、『渋谷』(10)、ドラマ「警視庁鑑識班」シリーズ(96〜05/NTV)、「牡丹と薔薇」(04/CX)、「緋の十字架」(05/CX)、「法医学教室の事件ファイル」シリーズ(92〜05/EX)、「幸せの時間」(12/CX)、「仮面ライダーゴースト」(15〜/EX)。


小林 綾子(こばやし あやこ)

小林 綾子(こばやし あやこ)  ——— 武の母

1972年8月11日生まれ、東京都出身。
83年、朝の連続テレビ小説「おしん」(NHK)で少女時代を演じ、一躍、脚光を浴びる。本作は、海外80以上の国と地域で放映された。以降、映画、ドラマで活躍する一方、多くの舞台にも出演。主な映画出演作に、映画『ホタル』(01)、『四日間の奇蹟』(05)、『ヘレンケラーを知っていますか』(06)、『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』(09)、『おしん』(13※)、『海難1890』(15)、ドラマでは大河ドラマ「いのち」(86/NHK)「渡る世間は鬼ばかり」(98〜15/TBS)「剣客商売」(CX)など多数。また、登山、クラシックバレエ、ソシアルダンス、茶道(表千家講師)など、数々の特技を持ち幅広く活躍中。


芳本 美代子(よしもと みよこ)

芳本 美代子(よしもと みよこ)  ——— 鈴田夫婦の長女

1969年3月18日、山口県出身。
83年、中学3年生で、第5回福岡音楽祭・新人登竜門ビッグコンテスト出場をきっかけに、85年テイチクレコードより「白いバスケットシューズ」で歌手デビュー。歌手活動をつづける一方、ミュージカル「阿国」(90)での演技が高く評価され、ゴールデンアロー賞演劇新人賞を受賞。以降は、活動の中心を女優業に転身。岩井俊二監督の『FRIED DRAGON FISH』(96)、『ウルトラマンティガ 劇場版』(00)、『TRICK 劇場版』(02)、『海の金魚』(10)、ドラマ「海猿」(05/CX)、「愛の劇場 ママまっしぐら!」(00〜02/TBS)、「ドラマ30 湯けむりウォーズ〜女将になります〜」(05/TBS)、「同窓会〜ラブ・アゲイン症候群」(10/EX)、「マルモのおきて」(11/CX)、大河ドラマ「花燃ゆ」(15/NHK)などで活躍。


真由子(まゆこ)

真由子(まゆこ)  ——— 鈴田夫婦の次女

1974年3月18日、東京都出身。
父親は俳優の津川雅彦、母親は女優の朝丘雪路という芸能一家で育ち、テレビや映画を中心に活躍している。主な出演作には、『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』(01)、『いつかA列車に乗って』(03)、『機関車先生』(04)、『寝ずの番』(06)、『次郎長三国志』(08)、『陽光桜-YOKO THE CHERRY BLOSSOM-』(15)、大河ドラマ「功名が辻」(06/NHK)、「刑事★イチロー」(06/TBS)、「サラリーマン金太郎3」(TBS/08)「警官の血」(09/EX)、「霧の旗」(10/NTV)、「遺留捜査」(11/EX)、「大岡越前」(13/NHK)、「ぼんくら」(14/NHK)などがある。


辻本 祐樹(つじもと ゆうき)

辻本 祐樹(つじもと ゆうき)  ——— ジイちゃんの若い頃

1985年1月12日、大阪府出身。
16歳の時に、「3年B組金八先生」第6シリーズ(01〜02/TBS)で信太宏文役を演じ、注目を浴びる。以降、映画『銀のエンゼル』(04)、『男たちの大和/YAMATO』(06)、『わたしの人生(みち)〜我が命のタンゴ〜』(12)、『海難1890』(15)、ドラマ「WATER BOYS」(03/CX)、NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(08/NHK)などに出演。「新選組血風録」(11/NHK BSプレミアム)では、沖田総司を演じ、好評を博す。NHK大河ドラマには「平清盛」(12/NHK)に続き、「軍師官兵衛」(14/NHK)にも出演している。映像で活躍する一方、「ミュージカル テニスの王子様」(08〜10)、「マウストラップ」(13)、「WORLD」(13)、キャラメルボックス「涙を数える」(14)、「Equal-イコール-」(15)、「晦日明治座納め・る祭」(15)など多くの舞台に出演。持ち前の運動神経で時代劇や殺陣にも挑戦し、演技の幅を広げている。


山時 聡真(さんとき そうま)

山時 聡真(さんとき そうま)  ——— 風間 武

2005年6月6日、福岡県出身。
九州を中心に、やずやの「発芽十六雑穀」街頭インタビューモデル、マリーンパレス「うみたまご」(2013夏)、政府広報児童虐待防止「通報編」、サントリー「胡麻麦茶」のCMや、チロルチョコ「チロくまくん」キャンペーン広告などで活躍。本作が初の映画出演となる。撮影時は10歳だが、物語の語り部的な役まわりを、松原、津川のベテラン俳優陣にくわえ、西村、小林との共演でも、臆することなく演じた。


平岡 真衣(ひらおか まい)

平岡 真衣(ひらおか まい)  ——— 武の姉

2003年10月15日、鹿児島県出身。
オーディションにてメインキャスト風間裕美役に大抜擢され、本作が初の映画出演となる。山時聡真演じる弟の武に、厳しく接しているようでいて、本当は温かく見守っている姉の心理を繊細に演じている。今後の活躍が期待される若手女優の一人。


戻る